女性から支持される保育士と看護師の仕事

女性に人気がある職業には様々なものがあります。中でも保育士や看護師は全国的に求人の数が多く、自分の年齢や経験、適性などに合う仕事を見つけられるため、手に職を持ちたい人に人気です。
たとえば、待機児童の対策に力を入れている地域においては、新卒の保育士だけでなく、出産や子育てのために一度退職をした人を迎え入れている事業所が多くあり、経験やブランクを気にせずに働くこともできます。また、保育士の資格を持っている女性は、保育所だけでなく児童養護施設や学童保育といった子供に関わる色々な事業所で重宝されることがあります。
一方で、看護師は保育士と比べて夜間や早朝の勤務がある職場が多くあります。生活リズムが不規則になりやすく、自己管理が難しいのが負担ではありますが、その分、保育士より高収入を得やすいです。当然、中には日勤のみだけの職場もありますが、その場合、夜勤や早朝勤務の人に比べて一気に収入は落ちます。
主な勤務先には、各地の総合病院や公立病院の病棟、クリニック、訪問看護ステーションなどが挙げられます。正社員だけでなく、パートの看護師の募集も多いため、仕事と子育てとの両立を図りたい人でも無理なく勤務することができるでしょう。
なお、保育士や看護師の仕事に就くためには免許資格の取得に向けて数年間大学や専門学校に通う必要があります。そのため、なるべく早い時期から将来の計画を立てておくことが大事です。
国家資格を取得した後は、よりよい職場を探し出すために、在学中から気になる施設の見学をしたり、現場で働いている方のリアルな体験談を聞いたりと、しっかり情報収集をしましょう。


Sorry, Comments are closed.